ネクシィーズ・ゼロシリーズ喫煙ブース・分煙設備

適切な分煙対策で、受動喫煙を防止。

改正健康増進法が全面施行される2020年4月に向けて、
内装・改修工事による喫煙室の造設や、
ボックス型喫煙ブースの設置を
ご提案いたします。

内装工事による喫煙室の造設

製品イメージ:喫煙室の増設

壁の造作やダクト工事など

  • 屋外排気

喫煙室の技術的基準を満たすよう、壁やパーテーションの造作、ダクト工事、換気扇の設置などをご提案をいたします。

喫煙室の技術的基準

  • 出入口における空気の流入が0.2m/秒以上であること。
  • 壁などで床から天井までを仕切り、区画されていること。
  • たばこの煙が屋外または外部の場所に排気されていること。

ボックス型喫煙ブースの設置

製品イメージ:分煙脱臭ブースIKBJP

分煙脱臭ブース IKBJP

  • 屋内排気型 喫煙ブース

屋外への排気が難しいテナント店には、喫煙ブースの設置をご案内します。

分煙専門メーカーとして30年以上の実績がある株式会社トルネックスの喫煙ブースを取り扱っており、壁やダクトなどの大掛かりな工事を行わずに設置することができます。
たばこの煙を効率よく吸引し、特殊なフィルターで浄化した後にブース外へ排出する仕組みになっています。

  • 総揮発性有機化合物(TVOC)除去率 95%以上
  • たばこの粉じん(0.3μm以上の粒子)除去率 99%

※屋内排気形の脱煙機能付き喫煙ブースの設置は、施設の管理権原者の責めに帰することができない事由があり、喫煙室の技術的基準を満たすことができない場合に限って認められる経過措置です。

店舗・施設に合わせた分煙方法をご提案いたします。
まずはお問い合わせください。

改正健康増進法のポイント

  • 原則として屋内禁煙

    2020年4月より、多くの人が利用する施設では、原則屋内禁煙となります。

  • 屋内に喫煙室を設置可能

    第二種施設(飲食店やオフィスなど)では、喫煙専用の部屋を設けることで、室内での喫煙が認められます。

  • 喫煙エリアには20歳未満立ち入り禁止

    たとえ従業員であっても、20歳未満は喫煙エリアへ立ち入ることができません。

  • 標識の掲示が必要

    施設内の喫煙ルールや喫煙場所について、わかりやすく標識を掲示しなくてはいけません。

※店舗の規模等によっては、経過措置として、今までと同様のルールで屋内での喫煙が認められる場合があります。※自治体によっては、個別の条例を制定している場合があります。

ネクシィーズ・ゼロシリーズは、
おトクで安心。

  • 初期投資
    ゼロ

  • 豊富な
    品揃え

  • 保守契約
    不要

  • あんしんの
    製品保証つき

  • レンタル終了後は
    お客さまのものに

ネクシィーズ・ゼロシリーズとは

レンタル商材ラインナップ